英傑群像 三国志ポータル 三國志情報とグッズ

 三国志・ 三國志の基礎知識
徒然三国志


三国志のうんちくを紹介して行くコーナー


その1.「三国志に見る名前に関するお話、あれこれ」

そもそも、中国人には姓と名の他に字(あざな)というものがあります。
他人が本名をそのまま呼ぶ事は、昔から中国では忌み嫌われておりその為、
本名とは別の名、字が出来たわけです。

例えば、「劉備玄徳(りゅうびげんとく)」という呼称は厳密に言うと正しくなく「劉玄徳(りゅうげんとく)」
とか、役職名を付けて「劉予州(りゅうよしゅう)」等と呼ばれていたものと思われます。
  (ただし、英傑群像では「劉備玄徳」と言う表記をあえて利用しています >>理由

  勿論、「典韋(てんい)」の様に字を持たない人物もままいたようです。因みに三国演義の作者で
ある羅貫中(らかんちゅう)だと、姓が羅、名を本、字が貫中となります。

三国志入門

さて、三国志の登場する人物達の名前、よくよく見ると気付く事があります。

例えば、関羽(雲長)、周泰(幼平)など。 名前の”羽”と、字(あざな)の”雲”、 ”泰”と”平”。  
 それぞれ連動して類義語が使われているんです。

 そもそも親権者などの命名者がそうやって脈付けて名前を付けていたからなんですね。
他にも沢山いますから見付けてみて下さい。

また人物達の字に「伯・仲・叔・季・顕・恵・雅・幼」の文字が使われている人物って沢山いますよね?

陸遜の伯言、許チョの仲康、孫翊の叔弼、劉璋の季玉、袁尚の顕甫 etc.

これは順に「長男・次男・三男・四男・五男…」を表します。

   司馬懿の兄弟が「司馬家の八達」と称されたのはこの例が適用されています。

   因みに長男の「伯」は、かわりに「元」や「玄」が使われる事もあったり、 「季」はもともと末っ子という意味であったりという
  ような例外もあります。

   日本で父母の兄や姉に対し伯父・伯母と書き、父母の弟や妹には叔父・叔母と表記するのにはこの事柄から影響されて
  いるものと思われます。

   他にも命名の時のルールとして、兄弟で共通の文字を使う(曹丕・曹植兄弟の「子」に見られる)
  とか、父親の名前や字を、子に使用するのはタブーだったりとか色々ある様です。

三国志入門

   さて名前に見られる面白いエピソードを一つ。

   劉備(りゅうび)の息子に劉封(りゅうほう 養子)、劉禅(りゅうぜん)という人物がいます。
  この事からだけでも、劉備は少なくとも劉封を養子に迎えた段階から皇帝の位というのを意識していたと推測されます。

   というのもこの息子の名前を二つ並べると「封禅」となり、始皇帝(しこうてい)以来の歴代皇帝達が、泰山(たいざん)と
  いう場所で行われた皇帝だけに許された「儀式」の名前になるからです。

三国志入門

   そして、劉備親子の名前に隠された予言を一つ。

   蜀(しょく)では杜瓊(とけい)という人物に代表される図讖術(としんじゅつ)という予言法があったらしいのですが、
  この杜瓊と親しかったショウ周(ショウシュウ  ショウは[言焦]と書く :陳寿の師匠とされる人物)が言うには

   「先帝陛下(劉備)の名前の『備』は完結するという意味だし、今上陛下(劉禅)の名前の『禅』は授けるという意味だ。
   この名付け方は縁起の悪いことだ。(また『備』はそなえるという意味だが 『禅』は捧げると言う意味だから劉禅の代に
   国は滅びる、という意味も伝えられる)」

  と述べて蜀漢が長く続かないことを予測していたらしい、という事です。

三国志入門

  さて、現在でも中国人が住まう所には必ず「関帝廟(かんていびょう)」があると言われる程、
  関羽(かんう)と言う人は大変中国の民衆に愛されていますが、 関羽の姓名に関するこんなお話も残されているそうです。

  関羽は山西省解州県の鉄匠の家の生まれで元の姓は「常」、名は「生」。

   常生は少年の頃より勤勉、勇敢、健康で正義感に溢れていた。
   そんなある日、常生の同級生である李明の妹が解州の悪徳地主の呂熊に拉致された。李明は妹を救い出すため
  常生に力を貸してほしいと頼んだ。呂熊はしたたかな悪人でこれ迄も随分と人を困らせてきた。
  
   その話を聞いて常生は大いに腹を立て李明の妹を早速助けようと決めた。その夜、常生は宝剣を携え呂熊の屋敷に
  忍び込み首尾よく呂熊とその用心棒を殺して李明の妹を救い出す事ができた。

   しかし翌日、街のあちこちに犯人常生の似顔絵と逮捕令が掲げられた。
   仕方がないので常生は逃げた。しかし追っ手が猛追してくる。常生がやっと城南の河辺に着いたというのに河の水が
  氾濫して渡る事ができない。そんな時、突然、河辺で洗濯をする女が現われた。

  「おばさん助けて下さい!」

  と言い終わらぬうちに女は常生の顔を殴り飛ばしたので鼻血がふきでた。
  するとその血を顔じゅうに塗りたぐり常生の顔はたちまち真っ赤になった。更に髪の毛を切って髭にした。

  さて、追っ手が河辺に来てみるとそこには一人の女と顔の赤い髭の老人しかいな
  かった。常生が女にお礼を言うとどこからかやってきた白い一羽の鳩が女を背中に来
  せて空の彼方に飛んでいった。  

  「ああ、女はやっぱり神様だったのだ」

   常生はそれから何日もかかって娘子関(じょうしかん)に着いた。そこでは兵士たちが
  検問をしていたが平気な顔をして通り過ぎようとすると

  「そなたの名前は?」

  と聞かれた。咄嗟に娘子関の関と、関の上空にたまたま長い白雲がかかっていたので

  「私の姓は関で、名は雲長です。」

  すると兵士は 「名が二文字とはおかしい」という。丁度その時、一羽の雁が関の上を飛
  んでいった。そして羽が一枚落ちてきた。

  「そうだ、私の名は羽です。字は雲長。姓名は関羽、関雲長です」。

  それからずっと「関羽」になったとさ

三国志入門


  自分が三国志人物の名前について、調べるきっかけになったのは
  「やけに字に『伯』が付く人物がいるなぁ」と思ったのが最初でした。 そのうち『仲』という字も多い事に気付き、以上の事が
  わかりました。 調べれば調べるほどいろんな事がわかる…。
  三国志は一生をかけても素敵な『探究心』をかきたたせてくれます。

  文:傅僉

徒然三国志目次へ

英傑群像サイト内 関連リンク
 >>三国志入門            >>三国志の戦さ入門        >>三国志の読み方(中級)
  >>武将紹介             >>三国志を作る(武将紹介2)   >>徒然三国志(中級)
   >>三国志名言・格言・ことわざ  >>出師の表入門

 >>メールマガジンで三国志の戦争情報提供中 ◎(ブログでもバックナンバーが閲覧できます>こちら
三国志情報・三国志グッズ 英傑群像 Copright(C) 2000-2008 英傑群像. All Rights Reserved.
推奨閲覧環境:このホームページはインターネットエクスプローラー4.0以上でご覧になる事をお勧めいたします。
著作権について:サイト内の画像データなどの無断転用を一切禁じます。
英傑群像トップ >徒然三国志> 三国志に見る名前に関するお話、あれこれ