三国志英傑群像 三国志ポータル 三國志情報とグッズ


三国志武将紹介
 ここでは当サイトの取り扱っている三国志の武将を中心にご紹介してまいります。
 三国志に登場する人物は何百人といます。その中で有名な人物を選んでもまたまた何十人もいます。
 複雑な人間関係・歴史を理解することでより深い三国志の世界を満喫しましょう!
 英傑群像オリジナル
三國志武将のグッズはこちら
 
夏侯淵・夏侯妙才
猪突猛進、魏の征西将軍
生没:?年〜219年。沛国ショウ県出身。字は妙才。
夏侯惇は従兄弟。曹操)の妹が妻。曹操が反董卓軍の呼びかけをした時、いち早く曹操のもとに馳せ参じた。戦いには常に先鋒として夏侯惇と共に両翼の一方を担い、曹操の側近の役割もこなしていた。敵の不意を突く急襲を得意としたが、猪突猛進するが故に軽率な行動が多く、曹操に諌められる。『三国志演義』では的に当たった4本の矢のさらに真ん中を射抜く弓の腕前を披露するなど、武勇の高さもうかがえる。漢中攻防戦で馬超らを撃退し涼州での魏の勢力を拡大する大活躍の後、征西将軍を拝命しその信頼の上に守備を一任された。劉備軍が陽平関に攻め寄せた際、夜襲を受け崩れた張こう軍に援軍を送った為、手薄になった自軍を攻められ、最後は黄忠に斬り殺された。
【夏侯淵年表】
 215年  漢中平定戦 vs 楊任(張魯軍の大将)
陽平関攻略の先鋒として出陣した夏侯淵。夜襲に合い曹操の元へ逃げ戻るが、その後陽平関を奪った曹操に命じられ、漢中に先行。楊任との一騎打ちで負けたふりをし、追ってきた楊任を斬って圧勝。緒戦の汚名をそそぐ。
 219年  定軍山の攻防 vs 黄忠(劉備軍の大将) 
黄忠と相対した夏侯淵は、夏侯尚に出撃を命じたが、待ちかまえていた黄忠に生け捕りにされてしまったので、黄忠の副将・陳武と交換した。しかし、定軍山の西を奪われた夏侯淵は奪還しようと出陣。隊が緩んだ隙をを一気に攻め込まれて、夏侯淵は黄忠に斬り殺された。
後漢末の人物
呂布(りょふ)貂蝉(ちょうせん)
董卓(とうたく)袁紹(えんしょう)
袁術(えんじゅつ)張角(ちょうかく)
魏の武将
曹操(そうそう)張遼(ちょうりょう)
郭嘉(かくか)荀ケ(じゅんいく)
司馬懿(しばい)張こう(ちょうこう)
夏侯惇(かこうとん)曹仁(そうじん)
夏侯淵(かこうえん)徐晃(じょこう)
呉の武将
孫堅(そんけん)孫策(そんさく)
孫権(そんけん)周瑜(しゅうゆ)
太史慈(たいしじ)魯粛(ろしゅく)
陸遜(りくそん)呂蒙(りょもう)
甘寧(かんねい)黄蓋(こうがい)
蜀の武将

劉備(りゅうび)張飛(ちょうひ)
関羽(かんう)趙雲(ちょううん)
諸葛亮(しょかつりょう)
馬超(ばちょう) 姜維(きょうい)
黄忠(こうちゅう)ホウ統(ほうとう)
五虎将(ごこしょう) 徐庶(じょしょ)


三国志の基礎知識・三国志年表
三国志遺跡紹介
玲可の三国志中国史蹟旅行記
玲可の三国志民間伝承
 
その他の人物はこちらでお調べください!
  
注意:ここでの武将紹介は正史と演義のミックスした武将紹介としてなっております。
      正確にかつ詳しく知りたい方は他の専門サイトや三国志の参考本をご覧ください。

三国志情報・三国志グッズ 英傑群像 Copright(C) 2000-2011 英傑群像. All Rights Reserved.
推奨閲覧環境:このホームページはインターネットエクスプローラー4.0以上でご覧になる事をお勧めいたします。
著作権について:サイト内の画像データなどの無断転用を一切禁じます。
英傑群像トップ三国志武将紹介