三国志英傑群像 三国志ポータル 三國志情報とグッズ


三国志武将紹介
 ここでは当サイトの取り扱っている三国志の武将を中心にご紹介してまいります。
 三国志に登場する人物は何百人といます。その中で有名な人物を選んでもまたまた何十人もいます。
 複雑な人間関係・歴史を理解することでより深い三国志の世界を満喫しましょう!
 英傑群像オリジナル
三國志武将のグッズはこちら
 
魯粛・魯子敬
鮮やかなる先見の明

生没:172年〜217年。臨淮郡東城県の人。字は子敬。
大資産家の家に生まれるが、財産をなげうって地元の支持を得た。周瑜が魯粛に食料の提供を求めに来ると、倉の一つをそのまま提供して周瑜を感激させた。以来二人は無二の親友となる。周瑜の推挙で孫権の幕僚となる。曹操の南征に対し、自ら劉備と会談し同盟を申し入れる。諸葛亮を伴って呉に帰還した魯粛は、曹操に降伏する方に傾きかけた孫権を説得し、赤壁での開戦に踏み切らせた。赤壁での大勝利の後、220年、病に倒れた周瑜の後を継いで軍を率いる。劉備が益州を得た後も荊州の所有を巡って関羽と会見するなど軍事・政治に奔走。217年に47歳で死去した。

【魯粛年表】
200年 「今は国力を高め基礎を固めるべき」 と孫権に進言し、袁紹との同盟を断る。
208年  劉備と組んで曹操を破るべきと孫権に進言し、自ら江夏に出向く。
208年 降伏論に反対し、諸葛亮を呉に連れて来て孫権に曹操との開戦を決意させる。
208年 赤壁合戦中、酒宴に劉備を招き殺害するという周瑜の策を諫める。 
210年 周瑜が死すとその後を継ぐ。 
214年 荊州を巡る争いで関羽と一対一で対面。結果長沙・桂陽を奪還。 
後漢末の人物
呂布(りょふ)貂蝉(ちょうせん)
董卓(とうたく)袁紹(えんしょう)
袁術(えんじゅつ)張角(ちょうかく)
魏の武将
曹操(そうそう)張遼(ちょうりょう)
郭嘉(かくか)荀ケ(じゅんいく)
司馬懿(しばい)張こう(ちょうこう)
夏侯惇(かこうとん)曹仁(そうじん)
夏侯淵(かこうえん)徐晃(じょこう)
呉の武将
孫堅(そんけん)孫策(そんさく)
孫権(そんけん)周瑜(しゅうゆ)
太史慈(たいしじ)魯粛(ろしゅく)
陸遜(りくそん)呂蒙(りょもう)
甘寧(かんねい)黄蓋(こうがい)
蜀の武将

劉備(りゅうび)張飛(ちょうひ)
関羽(かんう)趙雲(ちょううん)
諸葛亮(しょかつりょう)
馬超(ばちょう) 姜維(きょうい)
黄忠(こうちゅう)ホウ統(ほうとう)
五虎将(ごこしょう) 徐庶(じょしょ)


三国志の基礎知識・三国志年表
三国志遺跡紹介
玲可の三国志中国史蹟旅行記
玲可の三国志民間伝承
 
その他の人物はこちらでお調べください!
  
注意:ここでの武将紹介は正史と演義のミックスした武将紹介としてなっております。
      正確にかつ詳しく知りたい方は他の専門サイトや三国志の参考本をご覧ください。

三国志情報・三国志グッズ 英傑群像 Copright(C) 2000-2011 英傑群像. All Rights Reserved.
推奨閲覧環境:このホームページはインターネットエクスプローラー4.0以上でご覧になる事をお勧めいたします。
著作権について:サイト内の画像データなどの無断転用を一切禁じます。
英傑群像トップ三国志武将紹介