三国志英傑群像 三国志ポータル 三國志情報とグッズ


三国志武将紹介
 ここでは当サイトの取り扱っている三国志の武将を中心にご紹介してまいります。
 三国志に登場する人物は何百人といます。その中で有名な人物を選んでもまたまた何十人もいます。
 複雑な人間関係・歴史を理解することでより深い三国志の世界を満喫しましょう!
 英傑群像オリジナル
三國志武将のグッズはこちら
 
曹仁・曹子孝
知勇兼備の魏の重鎮
生没:168年〜223年。沛国ショウ県の人。字は子孝。
若い頃から弓馬に優れ、董卓討伐の折、部下千人を引き連れ曹操の配下となる。別部司馬に任ぜられ、袁術、陶謙、呂布の討伐に参加。曹操が献帝を迎え許都に遷都すると、広陽太守に任ぜられたが、曹操は赴任させず側に仕えさせた。赤壁後の南郡攻防では周瑜の一年にわたる猛攻に耐え、樊城に撤退して南陽軍の守備に就いた。その後、北上してきた関羽に樊城を包囲され、大洪水により于禁・ホウ徳も破れる中、兵を励まし徐晃の援軍到着まで耐え抜き、逆に関羽を追いつめた。晩年は大将軍に昇りつめ、栄光の中で生涯を閉じた。
【曹仁年表】
 207年  樊城の攻防  劉備軍との戦いに「八門金鎖の陣」をしくが、徐庶によって破られる。夜討ちも失敗し、樊城に退却するがすでに関羽に城は奪われいた。
 209年  南郡の攻防 蒋欽、甘寧を破り、周瑜をも罠にかけ矢傷を負わせる。が、周瑜死すとの噂を信じた曹仁は、敵の罠と気づかず夜襲をかけるが、伏兵に取り囲まれ敗走。襄陽に落ち延びる。 
 219年  樊城の戦い 樊城に攻めてきた関羽と相対す。敵を深追いした曹仁は挟撃され敗走するが、徐晃に窮地を救われる。 また、呉が関羽の留守中の荊州を奪ったため、曹仁は樊城を死守することが出来た。
 223年  濡須の戦い 曹丕の命で呉の濡須に攻込むが、あらかじめ警戒していた陸遜の策にはまり、大敗。 
後漢末の人物
呂布(りょふ)貂蝉(ちょうせん)
董卓(とうたく)袁紹(えんしょう)
袁術(えんじゅつ)張角(ちょうかく)
魏の武将
曹操(そうそう)張遼(ちょうりょう)
郭嘉(かくか)荀ケ(じゅんいく)
司馬懿(しばい)張こう(ちょうこう)
夏侯惇(かこうとん)曹仁(そうじん)
夏侯淵(かこうえん)徐晃(じょこう)
呉の武将
孫堅(そんけん)孫策(そんさく)
孫権(そんけん)周瑜(しゅうゆ)
太史慈(たいしじ)魯粛(ろしゅく)
陸遜(りくそん)呂蒙(りょもう)
甘寧(かんねい)黄蓋(こうがい)
蜀の武将

劉備(りゅうび)張飛(ちょうひ)
関羽(かんう)趙雲(ちょううん)
諸葛亮(しょかつりょう)
馬超(ばちょう) 姜維(きょうい)
黄忠(こうちゅう)ホウ統(ほうとう)
五虎将(ごこしょう) 徐庶(じょしょ)


三国志の基礎知識・三国志年表
三国志遺跡紹介
玲可の三国志中国史蹟旅行記
玲可の三国志民間伝承
 
その他の人物はこちらでお調べください!
  
注意:ここでの武将紹介は正史と演義のミックスした武将紹介としてなっております。
      正確にかつ詳しく知りたい方は他の専門サイトや三国志の参考本をご覧ください。

三国志情報・三国志グッズ 英傑群像 Copright(C) 2000-2011 英傑群像. All Rights Reserved.
推奨閲覧環境:このホームページはインターネットエクスプローラー4.0以上でご覧になる事をお勧めいたします。
著作権について:サイト内の画像データなどの無断転用を一切禁じます。
英傑群像トップ三国志武将紹介