三国志英傑群像 三国志ポータル 三國志情報とグッズ


三国志を作る
我々の愛する三国志を形にしていきます!題して「三國志を作る」
力作のオリジナルフィギュアがあれば掲載します!

-----  三国志武将 (胸像)  -----
----- 三国志ジオラマ -----
   
No.001
太平教団幹部会議
  公孫淵 献帝 諸葛亮 羊コ 満寵 朱然  
No.002
董卓、北芒に天下を得る
  張バク 張魯 劉備 王濬 荀イク 呂岱      
  陶謙 孟達 蒋エン 杜預 曹仁 徐盛      
  劉ヨウ 公孫サン 費イ トウ艾 曹洪 張昭      
  劉璋 呂布 諸葛誕 鍾会 曹休 魯粛  
--- リスペクト蒼天航路 ----
  李カク 董卓 カン丘倹 夏侯淵 曹真 呂蒙  
フィギュア展示終了しました
 
  郭シ 袁術 文欽 夏侯惇 曹爽 陸遜  
  張済 袁紹 孟獲 陳羣 曹叡 陸抗      
  何進 ホウ統 魏延 張遼 曹丕 孫晧  
--- リスペクト人形劇三国志 ----
  劉表 馬謖 趙雲 于禁 曹操 孫策  
劉備 関羽 張飛
趙雲 諸葛亮 司馬徽
呂布 貂蝉 董卓
曹操 夏侯惇 張遼
周瑜 孫権 魯粛
袁紹    
  文醜
馬超 司馬懿 張コウ 曹奐 孫権  
  顔良 劉禅 司馬師 徐晃 張角 孫堅  
  淳于瓊 姜維 司馬昭 賈ク 諸葛恪 周瑜  
  袁尚 黄忠 司馬炎 張繍 孫峻 盧植  
  袁譚 張飛 賈充 郭淮 孫チン 曹植  
    関羽   臧覇 丁奉    

フィギュアを作る
写真をクリックすると拡大画像が閲覧できます。

[  次ページ(file31-40) |  次ページ(file51-60)  ]

賈ク
(かく)
 字は文和。張良・陳平のような謀将。若いころ賊徒に捕らえられた際、段珪(後漢後期に西方で武威をとどろかせていた将軍)の一族だとブラフをかまして生き延びた。
 その後、董卓・李カクに仕えた。董卓の死後、長安攻撃を主張して李カク・郭シの政権確立に寄与したが、彼らを抗争を始めると長安を離れて、南陽の張繍の幕僚となった。その後、張繍が曹操と戦争を始めると卓越した読みで曹操を幾度も撃破した。しかし、天下が袁紹と曹操の両雄に集約されると曹操の長所を挙げ、張繍を曹操に付かせた。
 西暦211年、馬超・韓遂が反乱すると、謀略をもってかれらを離間し戦勝のきっかけをつくった。
 魏国が固まって後、曹丕・曹植の間に後継者争いがおこると、袁紹・劉表の例をだして婉曲に曹丕後継を曹操に諭した。西暦223年病没。
40

 

徐晃公明
徐晃 (じょこう)
 字は公明。楊奉配下の将として献帝の東帰に随行、楊奉が敗れると曹操に降伏した。
以後、賊徒の討伐に従事し、官渡の戦いでは袁紹軍に対しゲリラ戦を展開した。
曹操が河北に進出すると南皮で袁譚を討ち、赤壁の戦いの後は江陵で周瑜と戦った。
 馬超らが反乱すると、黄河渡河の先鋒を務め蒲阪を攻め落とした。その後、夏侯淵指揮下で漢中を守備し、関羽が樊城を包囲すると救援軍を率い敵陣を次々と攻め落し四チョウにおいて関羽を撃破した。
 徐晃は部下の掌握が巧みで、関羽撃破を祝しての宴会のおりでも徐晃陣は乱れることがなかった。曹操はこれをみて『将軍は周亜夫(漢代の名将)のようだ』と賞賛した。

49

 

張儁艾
(ちょうこう)
 字は儁乂。黄巾の乱の討伐に従軍し将校となり韓馥の指揮下に入った。韓馥滅亡後は袁紹の臣となり、公孫サン戦に活躍、重臣の席に列した。
 官渡の戦いで烏巣兵糧基地を襲撃された折には、郭図が曹操本営攻撃を主張したのに対し烏巣救援を主張したが容れられず、本営攻撃の指揮官を命じられた。曹操軍本営は張コウの読み通り十分な備えがあり、攻めきれなかった。進退窮まった彼は曹操に降伏しために袁紹軍は総崩れとなった。
 以後は、地方の反乱討伐に従事し、漢中を平定すると夏侯淵とともにその地を守備した。夏侯淵が戦死すると諸将に推されて司令官を代行し、曹操の救援到来まで漢中を死守した。
 その後も軍部の重鎮として様々な戦いに参加、諸葛亮の第一次北伐では馬謖を街亭で破り、撤退に追い込んだ。
 西暦231年、第四次北伐では、撤退中の蜀軍を追撃して木門で交戦、戦死した。
48

 

于禁
于禁 (うきん)
 字は文則。はじめ鮑信に仕えていたが鮑信が戦死すると曹操に仕えた。その後、戦う度に必ず敵を破り功績を重ねた。
 于禁は大変に軍規に厳しく、青州兵が曹操の恩寵をいいことに略奪をはたらくと彼はこれを討伐した。このとき青州兵が曹操に訴え、于禁に謀反の嫌疑がかけるが、時おりしもイク水の敗戦の最中であり、于禁はまず敵に備えてから本陣に出頭、事情を説明した。この節義ある態度を曹操は激賞した。
 西暦219年、関羽が曹仁を樊城に包囲した際に、于禁は救援軍を率いて関羽と対峙したが、突然の漢水の洪水により于禁軍は水没、関羽に捕縛され降伏した。関羽が滅びた後、呉により釈放され帰国したが、まもなく病死した。
47

 

張遼
張遼 (ちょうりょう)
 字は文遠。はじめ丁原に仕えたが、丁原が殺されると以後、董卓・呂布・曹操に仕えた。
 官渡の戦いの前哨戦・白馬の戦いでは機動部隊を率いて関羽とともに顔良を破った。
その後、賊徒討伐や曹操の河北平定戦に従事し功績をあげた。特に袁尚を支援する烏丸を討伐したおり、その将・トウ頓を斬ったのはその最たるものである。
 曹操が西方・漢中に兵を進めると張遼は楽進・李典とともに、孫権に備えるため合肥に駐屯した。平素三将は仲が悪かったが、いざ敵に対すると見事に連携した。
 西暦215年、孫権が合肥に進攻してくると、800人の決死隊とともに孫権本陣に突入しこれを大いに混乱させ、孫権を追い詰めた。これで出ばなをくじかれた孫権軍は合肥を攻めきれず撤退した。
 以後ずっと対呉戦線に従事し、孫権は敵陣に張遼あると聞くと大いに彼をおそれ警戒した。
 西暦222年病没。
46

 

陳羣長文
陳羣 (ちんぐん)
 字は長文。魏の宰相。
 劉備が予州を領した際、彼を任用した。その後、徐州に赴いたが、曹操が徐州を支配するようになると曹操に仕えるようになった。曹丕とは太子時代から公私ともに付き合いがあり『四友』の一人(他は司馬懿・呉質・朱鑠)に数えられた。
 曹丕が王位に即くと、「九品官人法」の制定を建議した。
 曹丕が亡くなると司馬懿・曹真とともに曹叡を補佐し、諸葛亮が没して奢侈に流れた曹叡が宮殿を造営するのを諫めている。
 西暦235年病没。

45

 

夏侯惇元譲
夏侯惇 (かこうとん)
 字は元譲。親族衆にして曹操軍古参の武将。
 曹操挙兵以来、副将として付き従った。呂布とのエン州での攻防戦では流矢により左目を負傷した。
同じ将軍の夏侯淵と区別して『盲夏侯』と呼ばれたようだが、本人は相当嫌だったようだ。
 猛将ながらも、その生活態度は清廉潔白そのもので、余分な財産は全て人に分け与えて質素な生活をむねとした。学問や鍛錬にも熱心であった。そういう彼を曹操は特に信任していたようで、公的には要職を歴任させ、私的には車への同乗や寝室への出入りを許可した。
 西暦220年、曹丕が跡を継ぐと大将軍に就任したがまもなく曹操の後を追うように病死した。

44

 

夏侯淵妙才
夏侯淵 (かこうえん)
 字は妙才。親族衆にして曹操軍古参の武将。奇襲戦法を得意とする。
 曹操挙兵以来従軍し、当初は兵糧輸送等を、その後は地方の造反討伐に従事した。
 西暦211年、馬超・韓遂が関中諸軍を糾合して反乱を起こすと曹操ともに渭南でこれを撃破、安定まで追撃した。曹操が中原に帰還する際に夏侯淵を関中に留め置き、残党に備えさせた。果たして馬超が再起して祁山を包囲すると張コウを先鋒に馬超を撃破し、さらに羌族の地に攻め込み韓遂を滅ぼした。
 曹操が漢中を占領すると、夏侯淵を駐留させて劉備と対抗させた。両軍の攻防は数年にわたった。
西暦219年、劉備軍の夜襲を契機に均衡がくずれ、夏侯淵は苦戦中の張コウに自軍の半数を救援に向かわせ戦線の維持を図った。しかしそこを劉備軍につかれ戦死した。
43

 

鍾会士季
鍾会 (しょうかい)
 字は士季。魏の重臣・鍾ヨウの子。
 智謀に優れ、司馬氏の謀臣として活躍した。カン丘倹の乱後、司馬師が病死した際に諸軍は洛陽に帰還し司馬昭は許昌に駐留する旨の詔勅が出されたが、鍾会は軍勢を率いたままラク水に進出して朝廷を威嚇するよう献策し、おかげで司馬昭は大将軍に任命され司馬師の跡を継ぐことができた。
 西暦263年、司馬昭が蜀進攻の動員令を下すと、鍾会は総司令官に起用され十万の主力を率いて斜谷・ラク谷より漢中に攻め込んだ。当初の作戦ではトウ艾・諸葛緒軍が姜維軍を釘付けにする予定であったが、姜維は両軍をすり抜け剣閣に立て篭もったため鍾会の主力は逆に釘付けにされてしまう。その間にトウ艾軍が迂回路から成都を降し蜀は滅亡した。
 鍾会はこの遠征に際して密かに独立を目論んでいたようで、諸葛緒の兵権を奪い、トウ艾を罪に落として十数万軍勢を一手に握った。そして姜維と結んで反乱を起こしたが将兵は彼に従わず、決起した部下に殺されてしまった。
42

 

トウ艾士載
(とうがい)
  字は士載。魏の名将。吃音(どもり)だったと言われている。
 もとは地方の役人であったが、司馬懿に見出され農政・軍事に活躍した。カン丘倹の乱では反乱軍に先んじ楽嘉に入り、進攻してきた文欽軍を撃破した。その後西部方面に転じてからは郭淮と協力し度々侵入してきた姜維を撃退している。
 西暦263年、蜀への侵攻が始まると三万の別働隊を率いた。主力が剣閣で足止めされると彼は陰平から山間部に入り、剣閣を迂回して直接成都に攻め込む作戦を採る。人跡未踏の険路を進み江由に進出、綿竹において蜀軍を抵抗を受けるが、敗れれば全滅を免れないトウ艾軍は猛攻を加え撃破、そのまま成都に進み蜀を降伏させた。
 その際、専断権を発動して、蜀の旧臣に官位を与えた。しかし、これが鍾会に付け込まれる隙となってしまった。独立のおそれありと逮捕さえ、処刑された。
41

[  次ページ(file31-40) |  次ページ(file51-60)  ]

このページやフィギュアなどに対するご感想やご声援などは[掲示板]または[お問い合わせ]までお願いします。
 

 
三国志情報・三国志グッズ 英傑群像 Copright(C) 2000-2014 英傑群像. All Rights Reserved.
推奨閲覧環境:このホームページはインターネットエクスプローラー4.0以上でご覧になる事をお勧めいたします。
著作権について:サイト内の画像データなどの無断転用を一切禁じます。
英傑群像トップ三国志を作る