三国志英傑群像 三国志ポータル 三國志情報とグッズ


三国志を作る
我々の愛する三国志を形にしていきます!題して「三國志を作る」
力作のオリジナルフィギュアがあれば掲載します!

-----  三国志武将 (胸像)  -----
----- 三国志ジオラマ -----
   
No.001
太平教団幹部会議
  公孫淵 献帝 諸葛亮 羊コ 満寵 朱然  
No.002
董卓、北芒に天下を得る
  張バク 張魯 劉備 王濬 荀イク 呂岱      
  陶謙 孟達 蒋エン 杜預 曹仁 徐盛      
  劉ヨウ 公孫サン 費イ トウ艾 曹洪 張昭      
  劉璋 呂布 諸葛誕 鍾会 曹休 魯粛  
--- リスペクト蒼天航路 ----
  李カク 董卓 カン丘倹 夏侯淵 曹真 呂蒙  
フィギュア展示終了しました
 
  郭シ 袁術 文欽 夏侯惇 曹爽 陸遜  
  張済 袁紹 孟獲 陳羣 曹叡 陸抗      
  何進 ホウ統 魏延 張遼 曹丕 孫晧  
--- リスペクト人形劇三国志 ----
  劉表 馬謖 趙雲 于禁 曹操 孫策  
劉備 関羽 張飛
趙雲 諸葛亮 司馬徽
呂布 貂蝉 董卓
曹操 夏侯惇 張遼
周瑜 孫権 魯粛
袁紹    
  文醜
馬超 司馬懿 張コウ 曹奐 孫権  
  顔良 劉禅 司馬師 徐晃 張角 孫堅  
  淳于瓊 姜維 司馬昭 賈ク 諸葛恪 周瑜  
  袁尚 黄忠 司馬炎 張繍 孫峻 盧植  
  袁譚 張飛 賈充 郭淮 孫チン 曹植  
    関羽   臧覇 丁奉    

フィギュアを作る
写真をクリックすると拡大画像が閲覧できます。

[  次ページ(file41-50) |  次ページ(file61-63)  ]

曹爽昭伯
曹爽 (そうそう)
 字は昭伯。曹真の子。
 曹叡(明帝)の信任厚く、その死に際して司馬懿とともに後事を託された。当初は司馬懿を尊重していたがすぐに名誉職に祭上げ独裁体制を敷いた。西暦244年、蜀討伐の大軍を興したが蜀軍が要害を堅守したため成果なく撤退した。
 曹爽の権勢並ぶべき者ないものとなると、司馬懿は病と称して自宅に引き篭もった。
彼の部下も司馬懿の重病のふりにすっかり騙され、曹爽派は司馬懿に対する警戒を解いてしまう。
西暦249年、曹爽が魏帝とともに洛陽を離れた隙をついて、司馬懿はクーデターを敢行した。この時、曹爽の腹心・桓範は『天子を擁しているうえは諸軍に号令をかけ司馬懿を討つべき』と進言したが、この策を用いることができず処刑された。この曹爽の処刑により有力な一門衆は朝廷から一掃され、宗室は丸裸となった。以後司馬氏による魏王朝乗っ取りが進むこととなる。
60

 

曹真子丹
曹真 (そうしん)
 字は子丹。幼少のとき父を失い、曹操に実子同様に育てられた。夏侯淵が漢中で戦死すると征蜀護軍として徐晃らを指揮し、劉備軍を防いだ。
 曹丕(文帝)が即位すると、都督に就任しヨウ・涼二州の軍勢を統べた。西暦222年には国軍の総司令に任命され、呉遠征において牛渚の軍営を撃破した。曹丕が崩じると司馬懿らとともに曹叡(明帝)を輔弼した。
 諸葛亮が北伐を開始すると西部方面軍司令としてこれにあたった。第一次北伐では陽動の趙雲軍に釘付けにされたが、張コウが街亭を敗ったため蜀軍は撤退した。曹真は蜀軍が次は陳倉あたりに出撃してくると読み、城塞を築きカク昭らに守備させた。その読み通り蜀軍は陳倉に出撃したが、戦果をあげられなかった。
 西暦230年、連年の蜀の侵攻に対して、複数方面より一気に蜀へ攻め込む作戦を発動させたが、長雨にたたられ街道が不通となり兵を退くこととなった。まもなく病を発し洛陽に召還されたが回復せず亡くなった。
59

 

曹休文烈
曹休 (そうきゅう)
 字は文烈。魏一門衆の将。
 幼少のころ曹丕と起臥をともにし、曹操から実の子同様の扱いを受け、やがて虎豹騎を率いた。
 漢中攻防戦では曹洪軍の副官として下弁で呉蘭を破り張飛を撤退に追い込んだ。
 その後は東部戦線に転じ、呉軍をたびたび敗った。西暦228年、魏が呉に攻勢にでると曹休は大軍を率いて尋陽に向かった。途中、周魴の降伏が偽りと判明したが、大軍を頼りに進軍を続け、結局大敗した。一時は退路を失い窮地に立たされたが満寵軍らの救援により退路が確保され撤退できた。
 曹叡(明帝)は特に敗戦の責任を問うことなく、前以上の待遇で彼を慰撫したが、曹休は敗戦のショックから病を得て逝去した。
58

 

曹洪子廉
曹洪 (そうこう)

 字は子廉。曹操の従弟。
 曹操が反董卓連合軍に参加し、ベン水で徐栄に敗れたおり、馬を失った曹操に『天下に私がなくとも構いませんが、あなたがいないわけにはいかない!』と自分の馬を与え逃した。
 呂布がエン州を奪い曹操と戦端が開かれてまもなく、
イナゴによる大飢饉に見舞われると曹洪は本隊に先行して兵糧を収集、反攻に備えた。再び戦闘がはじまると呂布方についた諸県をすべて平定した。
 劉備との間で漢中の攻防戦がはじまると関中の軍勢を率いて夏侯淵を救援、下弁で張飛を破った。
 曹丕(文帝)が即位してまもなく投獄され死罪になりそうになった。曹丕の母・ベン太后のとりなしで官を罷免され爵位降級ですんだ。これは曹洪が大変ケチで、曹丕の借財の申し込みを断り、根にもたれていたからであった。その後、曹叡(明帝)の代に復帰を許され驃騎将軍に就任、西暦232年病没。

57

 

曹仁子孝
曹仁 (そうじん)
 字は子孝。曹操の従弟。魏屈指の勇将。
 陶謙・袁術・呂布など戦いで抜群の戦功をあげた。官渡の戦いでは袁紹の別働隊を率いていた劉備を敗り、寝返った諸県を平定した。壺関の戦いにおいては『囲師必欠(城を包囲する時、相手に逃げ道を残しておく)』を曹操に説き相手を降した。
 赤壁の戦いの後は、江陵を守備した。ある時部下の牛金が呉軍に包囲されるとわずか数十騎を率いて敵軍に突入して牛金らを救出した。部下たちは彼の武勇に驚嘆したとされる。しかし呉軍の攻勢激しく、江陵より撤退を余儀なくされた。
 その後は潼関で馬超を撃破し、樊城では漢水の洪水により窮地に立たされたが部下を激励して援軍到着まで関羽の攻撃をしのぎきった。曹丕(文帝)が即位すると大将軍・大司馬に就任し呉遠征軍を率いた。西暦223年病没。
56

 

荀イク
荀イク(じゅんいく)
 字は文若。曹操の幕僚筆頭。王佐の才があると評された。
 戦禍を冀州に避けていたおり、袁紹から招かれたが、大事業をなす人物でないと見切り曹操に仕えた。この時曹操は『私の張良が来た!』と大いに喜んだ。
 その後は、郭嘉ら柱石となる人材を推挙し、曹操が遠征に赴く際には、留守居役として本拠地をしっかり固め、曹操が戦争に専心できるよう取り計らった。また献帝が東下してくるとこれを擁するよう建策し河南における曹操の優位を確立した。
 このように曹操の覇権樹立に大きく貢献したが、樹立以後は漢室に対する考え方の違いから曹操との関係に齟齬をきたした。
  西暦212年、孫権討伐に随行を命じられ朝廷から引き離されたまま寿春で病を得て逝去した。
55

 

満寵伯寧
満寵 (まんちょう)
 字は伯寧。法令に厳しく政府高官でも容赦なかった。
 汝南は袁家の本拠地で袁紹の息のかかった者の多く曹操に抵抗していた。満寵は太守として赴任すると数百の部下を率いことごとくその拠点を平定した。
 西暦219年、関羽が樊城を攻囲した際、漢水の洪水にみまわれ樊城は危機に瀕した。満寵は曹仁を励まし徐晃の援軍到着まで守りぬかせた。
 その後は東部戦線で活躍し、江陵や淮南で呉軍を撃破した。
 西暦233年、合肥城が水辺に近く水軍の強い呉軍に有利な地勢であるとして新城が築かれることとなったのは彼の建議による。
 西暦242年病没。
54

 

臧覇
臧覇 (ぞうは)
 字は宣高。武勇に優れ、黄巾の乱が起こると陶謙に従い討伐に従事した。
その後、呂布が徐州を支配すると彼に従った。呂布が滅びると曹操に仕えた。
 官渡の戦いでは、青州に侵攻して曹操軍の東方からの脅威を取り除いた。その後は賊徒討伐や対呉戦線で活躍し、張遼とともにカン城に進出したときには救援にきた韓当を撃破した。
以後も軍部の重鎮として功績を重ね、東方に事あれば必ず諮問された。

53

 

郭淮
郭淮 (かくわい)
 字は伯済。夏侯淵の参謀として漢中の守備にあたって以来、魏西方領の軍事をつかさどった。
 第一次北伐では高詳隊を撃破した。第五次北伐では、蜀軍が渭水北岸に進出して西方の諸郡を孤立させる作戦を事前に察知しこれを阻止した。
 その後は羌族を鎮撫しつつ、蜀の姜維の進攻を撃退してヨウ・涼二州を経営した。
特に西暦247年羌族の大規模反乱と時を同じくして蜀軍が進攻してた際には、夏侯覇と連携してまず姜維を破り、反乱を鎮圧して窮地を乗り切った。
 西暦255年病没。

52

 

張繍
張繍 (ちょうしゅう)
 
 董卓の死後、長安を支配した董卓子飼いの諸将の一人・張済の甥。張済が荊州で戦死するとその軍団を継いだ。
 曹操が攻め寄せてくると、これに降伏したが、曹操が雛氏を側妾にしたため両者の関係が悪化、曹操が張繍を暗殺せんとしたため、張繍は先手をとって曹操の宿舎を急襲、大打撃を与えた。
その後、賈クの建策を容れて、曹操の攻勢を撃退し続けた。
 官渡の戦いの直前、曹操・袁紹両陣営が地方軍閥の囲い込みを始めると賈クの薦め(@曹操は天子を擁しているA弱いように付いたほうが厚遇されるB曹操は天下を目指す者であるから個人的は恨みにこだわらない)に従い曹操に帰順した。
 官渡の戦い・河北平定戦にも功績を挙げたが、烏丸遠征直前に病死した。
51

[  次ページ(file41-50) |  次ページ(file61-63)  ]

このページやフィギュアなどに対するご感想やご声援などは[掲示板]または[お問い合わせ]までお願いします。
 

 
三国志情報・三国志グッズ 英傑群像 Copright(C) 2000-2014 英傑群像. All Rights Reserved.
推奨閲覧環境:このホームページはインターネットエクスプローラー4.0以上でご覧になる事をお勧めいたします。
著作権について:サイト内の画像データなどの無断転用を一切禁じます。
英傑群像トップ三国志を作る