三国志英傑群像 三国志ポータル 三國志情報とグッズ


三国志を作る
我々の愛する三国志を形にしていきます!題して「三國志を作る」
力作のオリジナルフィギュアがあれば掲載します!

-----  三国志武将 (胸像)  -----
----- 三国志ジオラマ -----
   
No.001
太平教団幹部会議
  公孫淵 献帝 諸葛亮 羊コ 満寵 朱然  
No.002
董卓、北芒に天下を得る
  張バク 張魯 劉備 王濬 荀イク 呂岱      
  陶謙 孟達 蒋エン 杜預 曹仁 徐盛      
  劉ヨウ 公孫サン 費イ トウ艾 曹洪 張昭      
  劉璋 呂布 諸葛誕 鍾会 曹休 魯粛  
--- リスペクト蒼天航路 ----
  李カク 董卓 カン丘倹 夏侯淵 曹真 呂蒙  
フィギュア展示終了しました
 
  郭シ 袁術 文欽 夏侯惇 曹爽 陸遜  
  張済 袁紹 孟獲 陳羣 曹叡 陸抗      
  何進 ホウ統 魏延 張遼 曹丕 孫晧  
--- リスペクト人形劇三国志 ----
  劉表 馬謖 趙雲 于禁 曹操 孫策  
劉備 関羽 張飛
趙雲 諸葛亮 司馬徽
呂布 貂蝉 董卓
曹操 夏侯惇 張遼
周瑜 孫権 魯粛
袁紹    
  文醜
馬超 司馬懿 張コウ 曹奐 孫権  
  顔良 劉禅 司馬師 徐晃 張角 孫堅  
  淳于瓊 姜維 司馬昭 賈ク 諸葛恪 周瑜  
  袁尚 黄忠 司馬炎 張繍 孫峻 盧植  
  袁譚 張飛 賈充 郭淮 孫チン 曹植  
    関羽   臧覇 丁奉    

フィギュアを作る
写真をクリックすると拡大画像が閲覧できます。

[  次ページ(file60-51) |  前ページ(file71-82)  ]

朱然義封
朱然 (しゅぜん)
 字は義封。本来は施然であるが、朱治の跡を継いだため朱姓を名乗った。
 呂蒙の病が篤くなると後任として江陵を守備し、劉備や魏軍らから江陵を守り抜いた。
特に夏侯尚・張コウらの魏軍が侵攻してきた折には、城内に病が流行し戦闘可能な兵は5千に過ぎなかったが半年にわたる攻防を耐え抜いた。
その後は淮南戦線に転じて功績を重ねた。
 孫権の治世も後期になると呉の創業を支えた諸将が次々となくなり、朱然はその数少ない生き残りであるため、孫権は彼を頼ること大であった。西暦249年病没。

70

 

丁奉承淵

丁奉 (ていほう)
 字は承淵。呉の勇将。
 西暦252年魏の大軍が東興に侵攻してくると、丁奉は先鋒を率いて急行し油断して酒宴中の魏軍を奇襲大戦果をあげた。その後、カン丘倹や諸葛誕の反乱においても功績を重ねた。
 孫休が即位して後、孫チン打倒の密議をこらした際には、宮中行事で諸将が参内する折に参内してくるであろう孫チンを討つ計略をたてクーデターを成功させ、これにより大将軍に昇進した。
 孫休が没すると濮陽興・万イクとともに孫晧を擁立した。
 西暦268年合肥に出兵すると晋に流言を流し、晋将・石苞を更迭させた。
西暦271年病没。

69

 

孫[糸林]子通

孫子通 
 (そんちん)
 字は子通。孫峻のいとこに当たる。孫峻の没後その地位を引き継いだ。
 孫峻の死後、トウ胤・呂拠らが軍勢を動員して孫チンらを政権から排斥しようとはかったが両者の連携がうまくいかず、トウ胤は殺害され呂拠は自殺した。こうして孫チンは大将軍に就任、孫峻の権勢を承継することができた。
 西暦257年諸葛誕が反乱を起こすと大軍を動員してこれを救援しようとしたが魏軍の包囲網に阻まれ果たせなかった。
 この敗戦責任と孫峻一門の専横のため彼への批判は日に日に高くなった。呉の二代皇帝・孫亮はこの機に孫チンを討って権力を奪回しようとしたが、事前にこれを察知した孫チンに宮城を包囲され廃位され、替わって孫休(三台皇帝・景帝)が擁立された。
 以後、孫チンの権勢はますます募った。そこで孫休は張布・丁奉らと相談し孫チン打倒の密議をこらした。西暦258年、宮中において孫チンは逮捕され処刑された。
68

 

孫峻子遠
孫峻 (そんしゅん)
  字は子遠。呉の一門衆。孫権晩年の側近。
 孫堅の死の間際、諸葛恪らと共に後事を任かされる。諸葛恪の専横に怒り彼を殺害。
 諸葛恪を殺害した後は大将軍と丞相を兼ね、呉の全権を掌握した。その後、専横が酷くなる。
 西暦255年、淮南でカン丘倹・文欽の兵乱が起こるとこれに呼応し出兵、カン丘倹が敗死すると文欽とともに撤兵させた。
 翌年病没。38歳であった。
67

 

諸葛恪元遜

諸葛恪(しょかつかく)
  字は元遜。呉の重臣・諸葛瑾の子。諸葛亮の甥にあたる。
 諸葛恪は若いころより才気煥発で孫権に大変気に入られた。しかし、父・諸葛瑾はかえってその才能が諸葛家に禍をもたらすのではと心配したとされる。
 当時、異民族の山越対策は呉の懸案であった。諸葛恪は彼らを上手く鎮撫・帰順させ、大勢の兵
を得ることができた。これらの功績を含め、孫権の信頼厚く、その死に際して後事を託された。
 孫亮が即位するとすぐに大将軍・大傅に任じられ、諸葛恪は独裁体制をしいた。そして租税の減免などの人気を集める一方、東興に城塞を築いて淮南の防衛を強化した。
 西暦252年、魏は諸葛誕らに大軍を与え東興の攻略を命じたが、諸葛恪は丁奉らを先鋒にこれを奇襲し大勝した。
 戦勝に味を占めた諸葛恪はさらなる戦果を得ようと翌年合肥新城に兵を進めたが新城の守りは堅く戦線は膠着、軍内に疫病が流行し撤退を余儀なくされた。この遠征には当初から反対が多く、それを押し切ってのものであったため、その失敗は諸葛恪の声望を急落させた。
 これを契機に孫峻らは彼を打倒せんとする策動を活発化させた。
西暦253年、諸葛恪は宴席に出たところを暗殺された。
66

 

張角
張角
張角 (ちょうかく)

  道教系の新興宗教『太平道』の教祖。後漢末の社会不安に乗じ太平道は急速に普及し教勢は中原を覆った。これをみた張角は漢朝を打倒し新王朝成立を目論む。信徒を36組織に分け軍事教練を施した。
 西暦184年、中央で工作活動をしていた馬元義が逮捕され反乱計画が露見すると、計画を前倒して信者に蜂起を命じた。自らは「天公将軍」と称した。
これが、『蒼天已死 黄天當立 歳在甲子 天下大吉』をスローガンとした『黄巾の乱』である。
 刺史・太守を殺害し一時猛威をふるったが、後漢政府が組織的に鎮圧に乗り出すとたちまち戦況は悪化した。さらに教祖・張角の病死がこれに拍車をかけ、反乱はわずか半年ほどで平定されてしまう。
 しかしこれ以後各地で大小の反乱が相次ぎ、後漢政府はやむなく『州牧』という大官を設置した。
この措置はやがて群雄割拠を招き、漢朝衰亡の速度を速めることとなったのである。

65

 

曹奐景明
曹奐 (そうかん)
  字は景明。魏の五代皇帝・元帝。魏最後の皇帝である。
 魏の朝廷では、曹叡(明帝)の死後、幼帝が続き司馬氏の台頭著しかった。
 曹芳(三代皇帝)・曹髦(四代皇帝)は権力奪回を図ったが失敗。曹芳は廃位させられ曹髦は殺害された。
 このような状況下で曹奐は司馬昭に擁立され即位した。曹操にとっての献帝同様、司馬昭の傀儡であった。
 西暦264年、蜀攻略の功績により司馬昭の爵位を晋公から晋王に格上げした。翌年、司馬昭の跡を継いだ司馬炎に迫られ帝位を禅譲、ここに魏は滅亡し晋が成立した。
その後は陳留王の待遇を与えられ余生を過ごした。西暦302年病没。
64

 

曹操孟徳
曹操 (そうそう)
 字は孟徳。魏の創始者、武帝。
 漢末の大宦官・曹騰の孫として生まれた。若い頃は非行にはしり、彼を評価する者はなかったが、橋玄と許子将は彼を高く評価した(許子将『治世の能臣、乱世の奸雄』)。
 西暦184年、黄巾の乱が起こると騎都尉として鎮圧に参加しエイ川方面で活躍した。
 西暦190年、董卓が政権を握り、関東の諸侯が挙兵すると、浪人中の曹操は自費で兵を集めて連合軍に参加した。
 この後数年兵が集まらず不遇の時期が続くが、済北で青州の黄巾軍100万を降して武運が開けた。黄巾軍のなかでも特に精強な者を青州兵として曹操軍に編入、これを中核として呂布・袁術といった周辺諸侯を次々と打ち破り、河南を平定、献帝を擁立して袁紹に次ぐ勢力にのし上がった。
 西暦200年、官渡の戦いにおいて兵力1/10という劣勢(袁紹10万・曹操1万、ただし最近では3、4万はいたのではと考えられている)を覆して曹操がこの戦いに勝利し天下の覇権を握った。
 西暦208年、袁家を駆逐し中原を平定すると矛先を転じて、南征軍をおこした。荊州の劉jを降したものの、水上の戦に不慣れな曹操軍は赤壁で孫権軍に敗北、天下統一の好機を逸してしまう。以後、西北の馬超ら辺境の軍閥を討伐する一方で国内では新王朝樹立のための体制作りに奔走し、三国最大勢力『魏』の基礎を築いた。西暦220年病没。
63

 

曹丕子桓
曹丕 (そうひ)
 字は子桓。魏の初代皇帝・文帝。
 曹操の後継者候補は曹丕と曹植であった。曹丕は曹操の文才を継ぎ、才気にあふれる人物であり、曹操のお気に入りであった。そこで曹丕はひたすら親孝行して信頼を勝ち得るように努め、なんとか後継者に指名された。
 西暦220年、曹操が没しその地位を相続すると、献帝に対し禅譲を迫り、ついに魏王朝を創始した。この時期蜀に攻め込ませた呉が臣従を申し込み、また蜀からの孟達が来降しており、曹丕にとって絶頂の時期であった。
 しかし、西暦222年、人質問題で魏・呉の関係がこじれ、両国の間に戦端が開かれた。呉の背信に怒った曹丕は224・225年と自ら呉へ親征したが戦果を得られなかった。
 西暦226年、曹真・陳羣・司馬懿に後事を託し、病没。
62

 

曹叡元仲
曹叡 (そうえい)
 字は元仲。魏の二代皇帝・明帝。
 西暦228年、諸葛亮が北伐を開始し、天水・南安・安定の三郡が魏に背くと、自ら長安に行幸し曹真に関中諸軍を率いさせるとともに、張コウに街亭を攻撃させ、蜀軍を撃退した。以後、司馬懿ら有能な人材を用い、内外のことにあたった。
 西暦234年、諸葛亮の第五次北伐に呼応するかたちで孫権が数方面から魏に攻め込むと、自ら東方に親征した。合肥新城の防備は固く、皇帝親征を知った孫権は撤退した。
 このように皇帝として優れた器量を持っていたものの、諸葛亮が死に外圧が無くなると緊張が緩み、奢侈に流れた。洛陽に宮殿を幾つも建設し、農繁期に動員された農民は怨嗟の声を上げたと言われている。
 西暦238年、遼東の公孫淵が独立すると、海岸部の諸州に戦艦を建造させ、司馬懿に精鋭を与えて討伐させた。まもなく曹叡は病を発し重篤となった。急ぎ凱旋途中の司馬懿を呼び寄せ、曹爽とともに後事を託した。西暦239年病没。
61

[  次ページ(file51-60) |  前ページ(file71-82)  ]

このページやフィギュアなどに対するご感想やご声援などは[掲示板]または[お問い合わせ]までお願いします。
 

 
三国志情報・三国志グッズ 英傑群像 Copright(C) 2000-2014 英傑群像. All Rights Reserved.
推奨閲覧環境:このホームページはインターネットエクスプローラー4.0以上でご覧になる事をお勧めいたします。
著作権について:サイト内の画像データなどの無断転用を一切禁じます。
英傑群像トップ三国志を作る