上海・リベンジ!

前回の夏、そして今回の冬。2002/2/1出発。
もーちょっといい季節に行こうとかいう発想はないの?と自問してしまいそうですが、
旧正月、とりあえず今回お誕生日にかこつけて行ってきました、上海。
さて、レートは1元=15円。
予約はネットで簡単

今回はツアーでなく、航空券もホテルも別々に取りました。
結構豪勢な宿に泊まれることになったので、ホテルオークラ系列の花園飯店を予約。
インターネットでも電話でも予約は簡単に取れました。支払いはカードでOK。
今回泊まった花園飯店は立地も良く、ホテル内の施設でだいたい日本語がOKなので初めての方には是非オススメ。安心して泊まれます。
さすが五つ星ホテル、サービスは申し分ありませんでした。

問題のビザですが、インターネットで申し込みができるところが多く、メールで中国旅行社とやりとりしました。
申し込んだのが1/10頃だったのでまにあうかな〜と思っていたんですが、なんと頼んでからちょうど一週間でパスポートが戻って来ました。
それで今回初めて知ったのですが、東京と大阪ではビザの申請用紙が違います
 

花園飯店の門。旧正月なのでどこもこのような華やかな飾りがありました。
ネット上で紹介されている申請用紙はたいてい東京からの申請用です。
地方の方で申し込みをされる場合は申し込みをする旅行社の支店に直接問い合わせた方がいいです。
タクシーは水色に乗れ

上海市内は車社会です。
自転車やオートバイはそれほど多くはありません。
走っている車の50%はタクシーなんじゃないかと思うくらい多いですが、それだけ旅行者が多いのでしょう。
これだけタクシーが走っているとやっぱり多いのが不良タクシー。
上海で今一番評判がいいのは水色のタクシー一流ホテルに出入りが許されているタクシーはたいがいこれです。
車が綺麗なことが結構重要です。
次がゴールドでしょうか。
赤いタクシー(しかも車体が汚れている)はよろしくありません。たいがい、遠回りされてボられるか、
ひどいときはメーターを倒さないこともあります。
客が乗っていても平気で空車のまま走っています。

手前は自転車専用道路(笑)見えにくいですが
前方の信号は自転車マーク(笑)なんか可愛いv


人民広場の地下鉄入り口。右が入口で左が出口。
こんなふうに一方通行な出入り口も結構ありあちこち
に入り口がある。
 

地下鉄・中国人のマナーは悪い

今回は地下鉄をフルに利用しました。
前回はどこへいくにも必ずタクシーだったんですが、上海の初乗りはタクシー10元。
地下鉄はその距離によって2,3,4元と別れていますが断然安い。これが庶民の足なのです。
しかもだいたいの繁華街を網羅しているので乗りこなせばかなり便利です。
しかし。問題は中国人のマナー。
関西人にも通じるものがありますね〜(汗)
駅につくと扉が開くまでしばらくかかるんですが、すでにドアの正面に人が大勢立っていて、開いたと同時に乗り込んできます。

「降りる人が先」とかいうルールはまったくありません(爆)。
値切りは基本

オイオイ、あんたらそんなに急いでどうするのさ?とかついツッコミいれたくなるくらい。
負けずに降りる。これです。
混んでいるお店のレジで並んでいるときもそうです。
ちょっとぼんやりしているとあっと言う間に横入りされますよ。
ショップはそれこそ数限りなくありますが、露店のようなお店の方が値切りやすいです。
98元の靴を48元に、280元のブランケットを180元に値切って買いました♪

個人的に2度目の上海ということで少しは度胸もついたかな?(笑)

南京路のフィギュアショップ。みんな日本の型から起こしてますが出来にかなり偏りが。しかしどれも安い〜ちなみに真中にはってある文字がかいてあるお店では値切ることはできない。
 

ホテルからの眺め。新しさと古さが同居する街上海。
中央の奥の高層ビルはフォーシーズンホテル。
現在工事中。
 

南京路のトロリーバスからの眺め。
 2元で南京東路の端から乗れる。
 疲れたときの移動に便利。


 

南京東路には夜に

土曜日曜だけでなく南京路は昼間は混み合います。
上海はどこも夜10時まではたいていお店は開いているので比較的空いている夜にゆっくりショッピングするのがオススメです。
しかし注意しなければならないのは中華料理のお店もたいてい10時で閉まってしまうこと。
中には12時くらいまでやっているところもありますが。
あ、そうそう南京東路にある沈大成点心店というお店のゴマ饅頭は絶品です。窓口でおばちゃんが次々と
手作りしてくれているんです。中国語がわからなければ窓口で指さして買いましょう。いっこ1.20元。

ネオンが赤々と。夜10時まではどこもこんな感じ。
人民広場と博物館  

人民広場の地下はまるで迷路のようにたくさんのアーケードがつながっている。

博物館の向かいに有る上海市庁舎。
それにしても人がいっぱいいるんだな〜
人民広場は南京西路と南京東路の間にあり、人民公園や上海博物館などがある場所で、市民の憩いの場となっています。
なぜか人民公園自体は有料で、たった1元でもガラガラでした。

むしろ上海博物館前の広場が大にぎわい。ここでみんな何をしているのか、謎です。
地下鉄は一号線と二号線の乗り換えがある場所で非常に込み合います。
日曜などはそのあまりの混みように人に酔うかも。
人民広場の地下道にはたくさんのアーケードや商店街が並びここだけでも充分時間をつぶせます。
上海博物館。三国時代の呉の貨幣や劉備や曹操なんかのお面も展示されていた。なぜか呉の分だけなかった。徐庶さんとかまであったのに!貂蝉のお面がキモかった・・・(涙)
NEXT→三国ゆかりの上海の史跡