英傑群像 三国志ポータル 三國志情報とグッズ

三国志・ 三國志の基礎知識

三国志の戦い 赤壁

映画レッドクリフ(赤壁 Battle of Red Cliff)で描かれる戦い

赤壁(せきへき)の戦い

三国志演義で一番の山場です。長坂の戦いから続く話ですのでこちらもご覧下さい。

[おもな登場人物]

 曹操(そうそう)   
 孫権(そんけん) 周瑜(しゅうゆ) 魯粛(ろしゅく)
 劉備(りゅうび)  張飛(ちょうひ) 趙雲(ちょううん) 諸葛亮(しょかつりょう)

[おもな地名]

 赤壁(せきへき) 長坂(ちょうはん) 夏口(かこう) 呉(ご) 荊州(けいしゅう) 烏林(うりん)

[位置関係]
      
  ・宛
       ・新野

     ・樊城
     ・襄陽

   ・長坂        ・夏口
      ・江陵
        ・烏林 ・×赤壁(蒲圻) 
[戦争前の勢力関係]

            曹操
      劉備

    劉表(劉ソウ)          孫権

[勢力]

 劉備・孫権連合 VS 曹操

[超〜概略]

 日の出の勢いの曹操軍に対して、劣勢一方の劉備軍は、壊滅寸前にまで追い込まれます。
 劉備軍は最後の頼み、孫権軍と同盟を組み数的に劣勢な中、曹操軍を打ち破ります。
 こうして、曹操、劉備、孫権という三国にその後集約して行くのでした。
 

208年1月

袁紹(えんしょう)を倒し中原(ちゅうげん:中国の中心地域をさす)を制した曹操(そうそう)は、
南下し荊州(けいしゅう)攻略を実行にうつします。

流浪の将 劉備(りゅうび)は曹操に攻められて
圧倒的兵力差により逃げるのが精一杯。

長坂(ちょうはん)での張飛(ちょうひ)や趙雲(ちょううん)の
活躍により
命からがら夏口(かこう)へと逃げ延びました。

荊州を難なく攻略した曹操はその勢いのまま
ついに孫権(そんけん)のいる呉(ご)へ攻め入ろうとします。

劉備の軍師 諸葛孔明(しょかつこうめい)は自身の提唱する
天下三分の計(てんかさんぶんのけい:弱小の劉備が国の3分の1をとる作戦)を
成功させるべく、また劉備軍の生き残りをかけて
このとき曹操との戦いに弱腰であった孫権軍を説得するために呉に向かうことになります。

諸葛孔明は孫権配下の魯粛(ろしゅく)・周瑜(しゅうゆ)などの抗戦派の援護もあり
孫権の説得に成功し、連合軍を組んで曹操に立ち向かうことが決まります。

兵力は曹操軍20万に対し劉備・孫権連合軍は5万といわれています。
(80万対3万との説もあります。)

呉の指揮官は周瑜(しゅうゆ)と程普(ていふ)。
ちなみに、周瑜は文武両道に通じており、また顔立ちもよく「美周郎(びじゅうろう)」と呼ばれ
絶世の美女姉妹といわれる二喬姉妹のひとり小喬(しょうきょう)を妻に持ちます。
曹操はその美女小喬についても狙っていたといわれています。

劉備軍と劉キ軍2万(荊州劉表の息子で親劉備派)は、陸路を進撃、
周瑜・程普(ていふ)の軍は水陸両方から進撃します。
孫権は後方の柴桑(さいそう)を本陣として待機しました。
両軍が向かい合ったのは長江(ちょうこう)中流の「赤壁(せきへき)」と言う場所です。
長江は川幅は大変広く、まさに水軍戦での勝負が勝敗を分けるという場所。

中国北方を領土とする曹操にとっては水軍戦は得意ではありません。
しかし、 荊州計略に向かう前に訓練を十分に行っていました。
しかし、
練習と実践では勝手が違います。
その点、周瑜 率いる呉軍は水軍戦に慣れています。

緒戦の戦いで案の定、曹操の指揮する水軍は連合軍の前にあっさりと敗れてしまいます。

兵力を立て直した曹操軍は長江の北岸の烏林(うりん)にうつり連合軍とやはり
河を挟んで対峙します。

劉備軍は周瑜軍より後方に陣をとり、両軍の出方をみる算段でした。

曹操軍は長江の高い波による船酔いに対処するため(疫病が流行ったとの話もあります)、
船どうしをつなぎあわせて、水上の城塞を作り上げます。

呉軍は、兵力差があり強固に守りを固めた相手にまともに戦っては勝機がなく
また短期決戦が勝機を握ると考えていました。

このとき呉の武将黄蓋(こうがい)が周瑜に 「火攻めの計」を進言し、周瑜もこれを採用します。

黄蓋が考えた策とは、
”黄蓋自らが寝返る振りをして敵の舟に火を放つ”というものでした。

ここで成功するためには黄蓋の降伏が成功する事と、火の勢いを広げる必要がありました。

まず、寝返りの理由を信用させるために黄蓋は自身が孫権軍を恨んでいるという口実を作るために
細工し、わざと罰棒(棒叩きの計)を受けて背中に負傷をおうという
" 苦肉の策(くにくのさく)"をおこないます。
こうして曹操に信用されて偽の降伏は問題なくすすみます。

当然、兵法の達人である曹操も”火攻め”を警戒していたでしょうが、「東南からの風」が吹かなければ問題はないと思っていたことでしょう。

しかし、めったに吹かない「東南の風」が吹き事態は一変します。
(この場所はたまに北西の風が近くの山にあたり「東南の風」に変化することがあったようです。)

風が吹いた事ですかさず準備されていた黄蓋の作戦は実行に移されます。

黄蓋が連れだった船には枯れ草などをつみ油をかけられていました。
曹操軍近くまで来た黄蓋は一斉に自らの連れてきた船に火を放ちます。
それらが曹操軍の船団(つなぎ合わされてすぐには身動きの取れない)に突撃します。

船をつなげている曹操軍は身動きがとれず火はすぐに燃え広がりました。
その火は勢いを増し陸上の陣営にまで延焼します。

その隙を逃さず周瑜の精鋭部隊が上陸し、曹操の本陣は総くずれとなり曹操は大敗を喫します。

曹操は江陵までなんとか脱出し、荊州を捨てて許都へ撤退します。

こうして赤壁の戦いは劉備・孫権連合の大勝利となりました。


三国志演義の物語では、この「赤壁の戦い」で

・諸葛孔明が弓を調達するために藁を積む船をたくさん用意して、その船で曹操軍の陣営に漕ぎ
 寄せます。敵と思った曹操軍はありったけの矢を放ち攻撃します。
 こうして曹操軍の「10万本の矢を得る」という話

・諸葛孔明が「東南の風」を吹かすために祭壇をつくって祈り、みごとにを風を吹かせた「借東風」の話


諸葛孔明「東南の風」を吹かす

・「華容道(かようどう)」という場所で関羽が過去の曹操との義理のために曹操を見逃がすお話


関羽曹操を逃がす「華容道」

・周瑜は諸葛亮の存在を危険視し、彼を何度も罠に嵌めて彼を殺そうとするが
 その先を読んだ諸葛孔明がうまく危機を乗り切る二人の攻防。

・曹操軍が船団をつなぐように進言したのは、劉備・孫権軍の間者「ホウ統」であり、
 彼は諸葛亮と並び称される天才「鳳雛」であったと言う話。

・周瑜が曹操の間者である蒋幹(しょうかん)をたくみにだまして利用する話。

などなど見せ場がたくさんあり三国志でも一番楽しいところです。

三国志演義での諸葛孔明の大活躍は大半が作り話だったとしても、孫権を説得し劉備・孫権連合軍を組んで、日の出の勢いの曹操軍を退却に追い込んだという功績はたいへん大きいものでした。


この孫権・劉備連合の勝利により、曹操の天下統一の夢は打ち破られ、
諸葛孔明の考えた「天下三分の計」への道のりが現実性をおびていくことになります。

この後、劉備一行は中国の三分の一を奪い
魏の曹操・曹丕、呉の孫権、蜀の劉備と言う三国時代へ向かっていくのでした。

(赤壁の戦い 終わり)


★ おまけ ★

映画「レッドクリフ」情報

日本では2008年11月と2009年4月に2部作として公開予定。
周瑜を主役として、三国志(正史)と三国志演義および映画独自のストーリーで展開する。

配給 東宝東和、エイベックス・エンタテインメント
監督 ジョン・ウー(呉宇森)

周瑜:  梁朝偉(トニー・レオン)
諸葛亮: 金城武(かねしろたけし)
曹操:  張豊毅(チャン・フォンイー)
小喬:  林志玲(リン・チーリン)
孫権:  張震(チャン・チェン)
魯粛:  侯勇(ホウ・ヨン)
劉備:  尤勇(ヨウ・ヨン)
趙雲:  胡軍(フー・ジュン)
孫尚香: 趙薇(ヴィッキー・チャオ)
甘興(架空): 中村獅童(なかむらしどう)

映画「三国志之見龍卸甲(三國之見龍卸甲)」情報

『三国志-龍の復活』(The Resurrection Of The Dragon)ともいわれるが
日本での公開名はまだ不明。

アジア各国は2008年4月公開。日本での上映は未定。日本で公開しないかも
趙雲を主役に、彼の生涯を描く。
当然、「赤壁の戦い」も一部登場するでしょう。

監督 : 李仁港(ダニエル・リー)
趙雲        アンディーラウ
関興        呉建豪(ヴァネス・ウー)
羅平安(かくう) 洪金宝(サモハンキンポー)
曹嬰(架空?)  マギー・Q       
劉禅        小胖網(Xiao Pang)
諸葛孔明     プー・ツンシン
関羽        狄龍
趙雲の妻     姜鴻波

三国志映画「レッドクリフ」情報および「三國之見龍卸甲」 情報はこちらより

映画「レッドクリフ」グッズ(中国 現題:赤壁)輸入グッズはこちら

戻る

英傑群像サイト内 関連リンク
 >>三国志入門            >>三国志の戦さ入門        >>三国志の読み方(中級)
 >>武将紹介             >>三国志を作る(武将紹介2)
 >>三国志名言・格言・ことわざ  >>出師の表入門

 >>メールマガジンで三国志の戦争情報提供中 ◎(ブログでもバックナンバーが閲覧できす>こちら

三国志情報・三国志グッズ 英傑群像 Copright(C) 2000-2015 英傑群像. All Rights Reserved.
推奨閲覧環境:このホームページはインターネットエクスプローラー4.0以上でご覧になる事をお勧めいたします。
著作権について:サイト内の画像データなどの無断転用を一切禁じます。
英傑群像トップ三国志の戦さ・戦い紹介